Profile

フィールドネーム <たにぼん>

◆高校生から地域の子どもたちのキャンプリーダーや野外のイベントスタッフとして活動する。

◆学生時代には大阪ボランティア協会のレクゲーム・レクソンググループの運営スタッ

フを経て有志とキャンプリーダーの チーム「ざっそう」を結成。
富田林にある「城山キャンプ場」(今は城山オレンヂ園)でのキャンプリーダー生活の7年間が始まる。
テントサイト、ファイヤーサイト、階段など手作りキャンプ場として毎年夏を中心に年間1千人以上の子どもたちと出会う。

◆阪神淡路大震災では西灘小学校で子どもたちの遊び相手として活動する。


◆1998年:大阪府立大型児童館ビッグバンの敷地内に「冒険遊び場ちょっとバン」を作る構想にスタッフとして企画運営に参加
2004年:ちょっとバンにある自然を使って自然体験の場を子どもたちに作りたい考え、森を使った自然体験プログラムと ツリーハウス作りや花壇、畑作り等の冒険プログラムを毎月展開中。
この活動が16年、17年、18年度の文部科学省「子ども居場所作り」事業、地域子ども教室(3カ年事業)に認定される

 

◆2005年:「環境共育事務所 プロジェクト・イオ」設立 

◆2006年:環境教育仲間と「日本型環境共育推進協議会」並びに「環境教育共同体@KANSAI」を結成 大阪府公園協会や青少年自然の家ならびに、各教育関係団体からの依頼を受け、自然体験学習や環境教育出前授業 ならびに環境教育指導員養成講座や指導員フォローアップ講習会などを開催している

 

◆2011年:「特定非営利活動法人 体験学習ネットワーク」副理事長

 

【環境に関する指導員資格】

◆環境カウンセラー (市民部門)
環境カウンセラーとは、市民活動や事業活動の中での環境保全に関する専門的知識や豊富な経験を有し、その知見や経験に基づき市民やNGO、事業者などの環境保全活動に対する助言などを行う人材として、環境カウンセラー登録制度実施規程に基づき、環境省の行う審査を経て登録された方々です。
http://www.env.go.jp/policy/counsel/index.html
 

◆プロジェクトWILD(ワイルド): 上級指導者(シニアファシリテーター)

野生生物をテーマにした環境教育プログラムです。私たちひとりひとりが、野生生物と

自然資源に対し、責任ある行動をとれることを目標としています
http://www.projectwild.jp/projectwild.php


    ◆プロジェクトWET(ウェット): 上級指導者(ファシリテーター)

水や水資源に対する認識・知識・理解を深め責任感を促すことを目標として開発された「水」に関する教育プログラムです。
http://www.kasen.or.jp/wet/

 

    PLT (プロジェクトラーニングツリー): 上級指導者(ファシリテーター)

一本の木を見つめることから自然・人間・社会の関係を立体的に考える30年の歴史をもつアメリカ環境教育の原点です。
http://www.plt.org/

 

     GEMS (ジェムズ)Great Exploration in Math and Science (アソシエーター)
    GEMSはLHS(ローレンス・ホール・オブ・サイエンス)で20年近く研究され続けてきた

    科学・ 数学のカリキュラムの一つで、 体験学習法の理論に基づく、アクティビティ

    (活動体験) が中心のカリキュラムです。
    http://www.jeef.or.jp/GEMS/gems.html  


    日本自然保護協会:  自然観察指導員(NACS-J) 
  日本の自然保護問題を具体的に解決するために半世紀近く活動してきた実績をもつNGO

  です。
    http://www.nacsj.or.jp/

 

     MARE(マーレ)Marine Activities, Resources and Education(リーダー)
  MAREは、アメリカの科学教育研究機関で開発された海を学ぶための体験型科学教育カ

      リキュラムです。 
  日本では、『ジャパンMAREセンター』がMAREの普及を行っています。 
  http://www.marinelearning.org/mare/index.html



My favorite photos

Special Links

特定非営利活動法人

体験学習ネットワーク

http://taiken-net.jimdo.com/